読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後ろ向き投資Begginer

老後破産回避のために長期運用で堅実に資産形成

「お金の勉強」より大切なのは、まずやってみること

f:id:xturbo:20170217013919j:plain

突然ですがクイズです

Q.以下の項目に思い当たるフシがある?

 ・日経新聞会社四季報も読んだことがない →Yes

 ・ジャンプなら毎週買っている →Yes

 ・円安ドル高は結局得なの損なの? →Yes

 ・「ポートフォリオ」はスタンド名ではない →Yes

 ・Brexitが読めない →Yes

 ・ウォール街のランダムウォーカー? →Yes

 ・「大引け」と聞くと地引網が頭に浮かぶ →Yes

 

 1つでも思い当たるフシがある方、安心してください。

 私と同じです。

 

「お金の勉強」をしてもお金は増えない

 投資関係のサイトやブログを見ると、みなさん本や新聞を読んだり、勉強会やセミナーに出たりして、日々「お金の勉強」に精進されているようです。

 いわゆる「自分への投資」というやつです。

 しかし投資をやったことがない人がこういう情報を見ると、「お金の勉強をしないと投資をやっちゃいけない」という気持ちになり、いつまでたっても投資を始められないという状態に陥りがちです。

  私のまわりにも、「いつかやろうと思っている」系の人は地味に多いです。

 

 誤解を恐れずに言えば、投資はそんな大層なものじゃありません。

 

走りながら考える

 もちろん、投資をする上ではお金に関する知識があるに越したことはありません。

 しかし勉強のせいで頭でっかちになって投資ができなくなってしまっては、本末転倒、元も子もありません。

 いくら知識を身につけても、それを利用しなければ単なる机上の空論、せっかく勉強に費やした時間やお金がムダになってしまいます。

  「お金の勉強」を否定するわけではありませんが、実際に身銭を投じることでしか学べないことが実はたくさんあって、投資においては勉強と同じくらい「経験」を積むことが大切です。

 安心してください、知識は嫌でも後からついてきます。

 

口座を作って慣らし運転開始

 投資は車の運転と同じで、初心者マークの人が運転初日からフェラーリに乗ったら事故ります。

 最初の1〜2年は比較的低リスクな投資で少額を積み立てながら、投資の感覚を体で覚えます。

 直販型投資信託ひふみ投信」は、短期的なリターンを狙わず、「守りながらふやす」長期的な資産運用で高い運用成績を維持しており、投資に不慣れなビギナーに最適です。口座開設は無料です。

 

 

レッツひふみん!

f:id:xturbo:20170228225007j:plain

※ 「ひふみん」こと加藤一二三さんと、ひふみ投信は関係ありません。

※ 本ブログは投資による利益を保証するものではありません。

 

広告を非表示にする