後ろ向き投資Begginer

老後破産回避のために長期運用で堅実に資産形成

ふるさと納税がわからない

f:id:xturbo:20170404182842p:plain

(上の表は、ふるさと納税関連の収支を時系列でまとめたもの)

 

昨年ふるさと納税の仕組みをよくわからないままやってみて痛い目に遭ったので、その顛末をまとめました。

 

禅問答みたいなことを言いますが、ふるさと納税は、「ある意味では節税であり、ある意味では節税ではない」んです・・。

ふるさと納税は節税」説

  あなたの立場を以下のように仮定してみてください。

 

 ------------------------------------------------------

 仮に現在あなたの収入に余裕があり、100万円の貯金があったとします。

 そして、あなたは純粋な善意から、恩返しの意味でそのうち7.4万円を生まれ故郷の自治体に寄付しました。

 ------------------------------------------------------

 

 この時、7.4万円を寄付をしたあなたは、自治体から何か見返りを求めるでしょうか?

 あなたは別に見返りが欲しくて寄付をしたわけではないので、求めないですよね。

 それがいわゆる「寄付」というものです。

 

 ふるさと納税は、こういった寄付行為に対して、大雑把に言うと2,000円を超えた部分を翌年の住民税から控除してくれる制度です。

 

 つまり、自治体に7.4万円を無償提供してくれた地元思いのあなたの翌年の税金を、なななんと!トータル7.2万円も安くしてくれるのです!!

 

 これぞいわゆる「節税」ですよね。

 おまけに、寄付した自治体からお礼の品まで送ってもらえます。

 

 

ふるさと納税は節税ではない」説

 一方で、あなたが以下のような立場の場合・・。

 

------------------------------------------------------

 もともと自治体に寄付するほどの余裕資金は無く、慎ましく暮らしているあなた。

 ある日、「ふるさと納税はおトク」という噂を聞きました。  

 そこであなたは、なけなしの貯金から7.4万円をとある自治体に寄付しました。

------------------------------------------------------

 

 あなたにとって7.4万円は大金です。あなたは早く7.4万円が返ってきてほしいと思っています。

 

 その後しばらくすると、寄付した自治体から、海の幸や山の幸など各地域のたくさんの特産品があなた宛にに届きます。

 評判通りおいしいものが沢山食べられて大満足のあなたですが、しかし肝心の7.4万円はいつまで経っても返ってきません。

 不安になったあなたがふるさと納税について調べてみると、寄付した金額から2,000円を引いた金額が、翌年の住民税から控除されるとのこと。

 

 え?

 7.4万円寄付して7.2万円しか返ってこないんじゃ、プラマイゼロじゃん。

 っていうかむしろ、トータル2,000円のマイナスじゃん!!

 

 たった2,000円の負担でおいしいものが食べられたのは嬉しいけど、貯金額から減った7.4万円が元に戻るのは来年の5月だし(本当は2,000円のマイナス)、何だか複雑な気分。。

 

ふるさと納税は寄付のできる余裕のある人向けの制度

 ということで、後者のパターンは私自身だったわけですが、みんながやってるからという理由だけでよくわからない状況のままやってみるのは良くないってことですね

 私はふるさと納税を、自治体に寄付ができる余裕のある人を対象とした税金控除の仕組みと解釈しています。

 「住宅ローン減税」や「医療費控除」と似ていますね。

 住宅を購入したり保険適用外の医療を受診するためには、当然それだけの収入があることが前提になりますが、ふるさと納税もそれと同じで、自治体に寄付する余裕がある人向けということです。

 みんながみんな自治体に寄付する余裕があるわけではないので、人によってはこの仕組みが向かない場合もあるので、注意が必要です。

 

ちょっとの余裕資金があれば長期投資へ

 ちょっとの余裕資金があれば、ふるさと納税ではなく、長期投資に適した直販投資信託の「ひふみ投信」への積立てをおすすめします。

 今の「ちょっとの資金」が、数年後に「莫大な資金」に育っているかもしれませんよ。

 

 

広告を非表示にする